5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★サザンオールスターズ 177★★★

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:29:01 ID:mxHMiqkvO


浜崎さんのブランドイメージを損わない抽象的な語彙、美辞麗句を必死で選別して
共感されそうな既存フレーズを拾い集めて繋ぎ合わせて作詞してます。
作家性?そんなものは求められてませんよ、むしろ殺さなきゃならない。
必要なのは主なターゲットである同世代のマスの女性に当てはまる匿名性、抽象性、同時代性ですよ。
…お陰であまりに語彙に制約が多くて表現の自由がないから遂に耐えかねて、
英語も使わせてくれって直訴したらやっと許しが出たっていう話があるくらいで。

え?逆にタイトルは英語ばかりじゃないかって?
その通り、タイトルに漢字・平仮名を用いずアルファベットや記号で統一するのもまたブランド戦略なんです。
詞とは逆にタイトルでは漢字・平仮名を使えないという制約がありますw
で、欠けている本人の作家性やリアリティを何で補完するかといえば、
浜崎さんの宣伝に都合の良いプライベートをメディアで切り売りするんです。
たとえば勝負曲でラブバラードをリリースする前に
恋人との仲睦まじい姿をマスコミを通じて披露するとか…
トラウマシンデレラ系の曲をリリースする前にラジオ・雑誌媒体で幼少時のトラウマ語りをやっておくとか…
これだけで抽象的であざといだけのフレーズの羅列に現実味が演出され、ファンは歌詞の意味を深読みする。
まるで浜崎さんが「自分の内側から生み出し発した」言葉・メッセージかのように錯覚させることができる。でも実際にはターゲット層なら誰でも大なり小なり思い当たるようなことしか歌っていないのです。
共感を生むのは当然です。作詞チームがそういう言葉ばかりを選別した上で組み合わせて作ってる詞なんですから。
これは創作というよりは最大公約数に向けた言葉を網羅する作業と言った方が正確かもしれません。
そのほんのりリアリティを施されただけの抽象フレーズを一方的に投げ掛けられたターゲット層は、それを具体化する作業に迫られるわけです。
あらゆるメディアを介して連日大量発信される音と言葉です、消費者は逃れられやしない。
投げ掛けられた言葉に自らの体験を重ね合わせようとする。その作業によって「消費させられてる」。
だからエイベックスは自負してますよ、
“我々は浜崎あゆみのプロデュースワークを通じて邦楽史上最も産業的な、システマティックな音楽をやっている。
膨大なセールスはその成果の賜物である。消費されることこそ全てというエイベックス哲学の象徴が浜崎あゆみというプロジェクトだ”、と。

浜崎さんを通して発せられるすべて…言葉も音も映像も…は、
結局浜崎さん自身のブランドイメージを宣伝し、消費行動を促すためのツールでしかないんです。
別に伝えたい何かがあるから作品を発信してるわけじゃありません。
その現場に真の創作や表現の喜びはない、ただひたすら商品開発に勤しむのみです。
だからそこで喜びを味わえない分、成果としての地位や記録、業績を広く世間に認知してもらうことには凄くこだわりますよ。
それがまた宣伝にもなるし。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)